リトルハンズハワイ の日焼止めについて

守りたいものは自然や子供達。次世代へ。子供達の未来へ。

赤ちゃんにも地球にも優しい日焼け止め。

2021年よりハワイで日焼け止めクリーム等の使用が禁止される。ハワイ州では日焼け止めの成分等に配合されている化学物質オキシベンゾンとオクチノキサート(日本ではメトキシケイヒ酸エチルヘキシルと一般の日焼け止めの成分に記載してあります)を含む日焼け止めが、サンゴ礁に影響を与えるとして、20211月以降、ハワイのすべてのビーチでの使用を禁じる州法に署名した。

この法案をHawaiiの子供達と一緒に州議会に提案したのがリトルハンズハワイのオーナー夫妻。

オーナーのRosalyn はナースで自分の子供が生まれた時にHawaiiに売ってる日焼け止めの紫外線吸収剤が赤ちゃんに母乳を通して悪影響を及ぼす事を知って、自分の子供達のためにこの日焼け止めを作ったのがきっかけで、今ではHawaiiのみならず、アメリカ全土でも人気の日焼け止め。また普通の日焼け止めに入っている化学物質がプールの塩素に負けて全く効果がなくなることや、日焼け止めを使った服に漂白剤を使ったらピンクになった経験はありませんか? そのような物質を一切使っていない日焼け止めです。オーガニックと書いてあっても裏の成分表をよく見てください。

また容器もプラスチックフリーで環境に良い日焼け止めです!

自分たちの子供たちの為に本当に全て悪影響のないナチュラルな成分で作り始めたのがこのリトルハンズハワイ。

MamalaniとLittle Hands HawaiiはワイキキDFS T Gallariaの2階にもあります!